sp_logo

salary

給与を底上げ。

給与体系

基本給

入社以降の経験値を評価したものです。年功序列で半年以上勤務の全社員を対象に毎年4月に2,000円昇給させます。入社後158,000円から始まり、上級社員やマネージャーなど年俸給になると改めて200,000円からリスタートします。

職務手当

担当業務の責任と市場での価値で設定され、毎月の評価面談による3段階の相対評価で成果と能力を反映させ等級にて表現します。

エリア手当

政府方針に伴って地域間の物価差額を補填するためのもので、月額40,000円を支給します。

固定残業手当

固定残業手当は、時間外勤務手当、所定休日勤務手当・法定休日勤務手当、深夜勤務手当として支払います。

役職手当

役職に就いた者に対して月額で支給します。役職手当は、役職の職務上必要な手当として支給します。

役職 手当
部長 150,000円
次長 120,000円
課長 100,000円
課長代理 70,000円
課長補佐 50,000円
役職 手当
SD・CD・SE・SS 50,000
チーフ 20,000
リーダー 10,000
役職手当

ご近所手当

会社から半径2キロ以内に住んでいる正社員に月額40,000円を支給します。

通勤手当

月額25,000円を限度として、通勤に要する実費に相当する額を支給します。

家族手当

健康保険上被扶養者になっているものに対して、次のように支給します。
配偶者 月額10,000円
18歳未満の子供一人につき 月額10,000円

給与ボード

社員、幹部候補、賞与についてご紹介します。

一般社員(1~40等級)

正社員の職務等級は、担当業務における責任の重さと市場での価値を表現したもので2,000円刻みに40段階で設定しています。

一般社員(1~40等級)

幹部社員(1~50等級)

幹部社員(1~50等級)

賞与

昇給は四つの視点でバランスよく査定するのに対し、賞与は「財務の視点」と「計画の実行度」、そして「会社の業績」にフォーカスして評価します。6月に支給される夏の賞与は前年の10月から本年3月まで、12月に支給する冬の賞与は4月から9月の財務点数を集計して相対的に評価します。
【計算式】
・賞与={(基本額+職務手当)×個人の3段階評価×計画の実行度×業績評価+エリア手当}×在籍期間

3段階評価 係数 振分比率 基準
A評価 1.2 20% 上長の期待以上の成果
B評価 1.0 60% 社内での標準的な成果
C評価 0.8 20% チームの水準に至らなかった
計画の実行 係数
100% 1.0
95%以上 0.95
90%以上 0.9
85%以上 0.85
80%以上 0.8
80%未満 0.75
会社の業績 係数 振分比率 基準
A評価 1.2 20% 業績上位の販社
B評価 1.1 60% 業績中位の販社
+4本部
C評価 1.0 20% 業績下位の販社