sp_logo

staff_voice

現場の声を
届けたい。

インサイド・アウトで実際に働いている先輩たちから、未来のチームメンバーになる皆様へ。

営業部の声

なりたい自分になれる環境がありました。

営業部

磯さん

2013年入社。マネージャーの磯さんにお話を伺いました。

  • プロフィールを教えてください

    2013年10月1日入社。休日は趣味のダンスやジムに通ったり、友人とプライベートな時間を過ごしてます

  • 入社を決めた理由は何ですか?

    雑誌を扱っている、自社媒体を持っていて、尚且つ知名度のある媒体を運営している広告会社の条件で就職活動をしていたところ、インサイド・アウトを見つけました。そこで面接を受けた時に、一次面接をしてくれた当時の人事スタッフがとてもいい感じの雰囲気で、この人と一緒に働きたいと思い入社を決めました。

  • 仕事内容を教えてください

    「ナイツネット」という、キャバクラのポータルサイトの運営している、ナイツ事業部に所属しナイツネットに掲載していただくお客さんの、新規開拓営業を行っています。また、事業部の組織(チーム)創りや、スタッフのマネジメントを行っています。

  • 仕事をするうえで大切にしていることは?

    失敗を恐れずにチャレンジしていく姿勢と計画性を持った行動を心掛けています。

  • なぜ、マネージャーになろうと決心したのですか?

    将来、起業をしたいと考えていました。そうなったときに、組織を作ったり、事業を運営する能力が必要だと思いました。マネージャーになれば、その能力を早く身に着けることができると思い、マネージャーを志望しました。

  • 新しく入る方へのアドバイスをお願いします

    なりたい自分になれる環境が、インサイド・アウトにはあります!沢山の夢や希望を一緒に叶えましょう。

  • 今まで仕事で苦労したことを教えてください

    今よりもまだ商品力が無い時に、「知らない・いらない」と門前払いをされつつも新規を獲得していかなければいけないので、気持ちや感情を無にしてひたすら飛び込み営業を行ったことです。また、ナイトレジャーでの広告業界では、女性の営業は珍しいらしく、驚かされることもありました。ただ、断られる前提で、気持ちや感情を無にして飛び込み営業をしても何の魅力も感じてもらえないことに気づき、最近では、お店に入る前から笑顔を作り超明るい声で、「こんにちは!!」と言って飛び込み営業を行うようにしています。

活用促進部の声

仕事で一生の思い出を一つ作る。

活用促進部

松村さん

活用促進部、クリエイティブディレクターの松村さんにお話を伺いました。

  • プロフィールを教えてください

    趣味は音楽、バンドを組んで月に1回スタジオに入って年に2、3回ライブします。仕事は誰よりもアクティブに、を意識してますが反対に休日は引きこもりです。4匹の猫に囲まれてぼーっとしていつの間にか夜になってるのが幸せです。

  • 入社を決めた理由は何ですか?

    「おそらく君が思っているような、会社の中にいてひたすら記事を書いたりではなく、1日のほとんどは外に出て、お客さんと沢山打ち合わせして成長させていくことがメインの仕事だよ」と面接で言われましたが、実は自分がやりたいことと全く同じで、むしろ会社に籠ってずっとパソコンに向かうのはイヤだと思ってたくらいです。仕事内容がイメージ通りだったので入社を決めました。

  • 仕事内容を教えてください

    “活用支援”と社内では一言で言われていますが、顧客のお店が盛り上がることならなんでも。数値を見て分析し、適切な提案をすることもあるし、新しい広告のデザインサンプルを作ったりもします。結局顧客が儲かればこちらにも返ってくるので、時には自社の商品だけじゃなくライバル媒体の活用アドバイスもします。

  • ディレクションを行っていて
    嬉しいタイミングは何ですか?

    僕らは”ささる”なんて言いかたをしますが、ページデザインなんかの提案が相手の好みのど真ん中に”ささる”とリアクションが違うので、やはり嬉しいです。もう一つは、商品を売っている営業ではなく自分を通して予算の増枠を相談される時。信頼されてることを実感できる、やめられない瞬間です(笑)。

  • 今まで仕事で苦労したことを教えてください

    あまり仕事とは思っていなく「お金をもらえる楽しいチャレンジ」と思って毎日過ごしているので、苦労と感じたことはほとんどありません。しいて言えばお客さんとの熱と、バックヤードとの熱のギャップを感じる時はもどかしいです。

  • この職種を希望する方への
    アドバイスをお願いします

    事業部によっては、圧倒的なチャンピオンか孤高のチャレンジャーを選べるので、どっちを楽しみたいかで考えるのも一つの手です。どちらにしても、自由な発想と行動力があれば街の雰囲気一つを変えられるほどの大きなことができます。仕事で一生の思い出を一つ作る、そんな働き方も楽しいと思います。

デザイン部の声

世間や会社の変化に、ワクワクしながら乗っていく。

デザイン部

堀さん

2013年入社。デザイン部、クリエイティブディレクターの堀さんにお話を伺いました。

  • プロフィールを教えてください

    2013年6月3日入社。大学のデザイン学科を経て、入社。休日は美術館に行ったり漫画を読んだり、一人カラオケしてます。

  • 入社を決めた理由は何ですか?

    一次面接で、自分のとても恥ずかしい経験を話した時、もう落ちるだろうと思ったのですが、「挫折経験のある人は強い」と前社長が仰ってくれた事が決め手でした。自分の決して誇れる経験ではない過去を、価値として認めてもらった事が嬉しく、絶対入社したいと思いました。

  • 仕事内容を教えてください

    会社の商品の顔となるようなデザインを担当したり、後輩たちがクロージング出来なかった案件を代わって担当したりしています。それと同時に、みんなが高い水準で仕事が出来るように、技術面の指導にも当たっています。他にも、大手顧客担当として、高い広告枠を買って下さっている顧客へより高い価値のあるデザインを提供しています。

  • 仕事をするうえで大切にしていることは?

    デザインが上手くて当たり前という意識を持っています。どんな狙いを持ってデザインし、どんな効果を生んだのか?その事例を、成功も失敗も全て蓄積し分析を重ね、成功への手段を探ることです。

  • 今まで仕事で苦労したことを教えてください

    私は入社してから2回、全国規模の大きな失敗をしました。失敗をした時は必ず原因があるので、その原因を正しく見つけて直す。2度目を繰り返さないように、改善策はその時限りではなく継続的な習慣とする。落ち込んで諦めたりせずに、同じ事をやらなければいいんだと前向きに改善策を探し、失敗する前より良くなったと実感する事で乗り越えています。

  • 新しく入る方へのアドバイスをお願いします

    当社はチャレンジの機会がとても多い会社です。向上心が高い人間には、上司の判断で沢山のチャンスが与えられます。そのチャンスを確実にモノにしていける人になろうと前を向き続けていれば、評価されます。くるくる変わる世間や会社の変化に、ワクワクしながら乗っかっていける柔軟な思考を持った人であれば、退屈しない会社だと思います。